Blog

人材マネジメントのポイント ~組織を上手く運営するための『伝え方』の鉄則~

 

カタカナ英語や専門用語、企業内だけで通じる隠語を使ってスタッフに指示や連絡事項を伝えていませんか?

ビジネス書を読んだり、セミナーを受講する機会が多い人、勉強熱心な人がスタッフに何かを伝えようとするとき、やたらとカタカナ英語を多用したり専門用語を並べて話をするケースが目立ちます。

カタカナ英語難しいビジネス用語を使うとなんとなくカッコいいように思えるのかもしれませんが、学生や主婦にそれらを多用して指示をしたり、連絡事項を伝えるのは避けるべきです。

そういう言葉を使っても、聞いた方は意味が分からないので、指示や連絡を理解できません。

分からないからと言って、そのことを質問するスタッフは稀ですので、スルーして何もしないか勝手に解釈をして行動することになります。

例えば高校生のアルバイトに、「業務の中でプライオリティーが低いものは後に回しましょう」と伝える。

また、「今日はチェコレート売場をマッサージしてね!」と主婦のパートスタッフに指示を出してはいけないということです。

 

今の言葉をそれぞれ、伝わる言い方に変えると…

前者は「業務の中で優先順位が低いものは後に回してください」。

後者は「今日はチョコレート売場の陳列変更をしてください」となります。

ここでの『マッサージ』という言葉は、私がセブンイレブンのFC店を経営していた当時、FC本部の社員間で使われていた隠語(企業内のみで使用されている言葉)で“陳列変更”を意味します。

店内で使用されている隠語についてもその意味を教えないとスタッフには伝わりません。

伝える際の鉄則の一つは『相手に伝わる言葉、表現を用いて伝える』ことになります。

それ以外の鉄則については、3分ほどの動画の中でお伝えしていますので、以下の動画を、ぜひご覧くださいね。

※ YouTubeにログインをしてから、Youtubeのサイトで動画をご覧頂き、動画の真下にある『チャンネル登録』ボタンを押して頂ければ、最新の動画がアップされたときや まだ見ていない動画のチェックが楽になります。

スタッフの定着率を一気に上げるマネジメントの極意
7日間無料メール講座

人材の定着率を上げたい…でも、採用しても、3日、3週間、3カ月ほどで辞めてしまう。どうすれば、やる気が持続し、長く勤めてもらえるのか?

もし、あなたが、採用した人材にできるだけ長く務めてもらいたい。そして、売上作りに貢献する優秀な人材を現場に揃えたい。

そう心から願うのであれば、人材の定着率が高い店舗で行われている未公開の秘策についてご紹介しているこのメール講座の受講をお勧めします。

無料メール講座の登録はとても簡単。以下のボタンをクリックして、メールマガジンの登録を進めてください。

そうすると、すぐに1つ目のメールがあなたのメールアドレスに届けられます。

ぜひ、このメール講座をあなたのビジネスにお役立てください。

無料メール講座の詳細を見る

The following two tabs change content below.
岡本 文宏

岡本 文宏

岡本文宏。スタッフに“任せて”業績を“上げる”実践法を教える専門家。経営者、マネージャーとして14年間、商売の現場の最前線に身を置き、手に入れたリソースを活用し、小さな店・会社の経営者様、エリアチェーンのオーナー様、店長、マネージャー様など延べ250名以上に、現場ですぐに活用できる“小さな組織の人”に関する問題解決メソッド、スタッフを活用して業績アップを実現する『繁盛店づくり』のノウハウを提供している。著書に「仕事を任せるシンプルな方法」、「繁盛店のやる気の育て方」「店長のための採る、育てる技術」があり、海外でも翻訳、出版されている。

Post a Comment