PROFILE / プロフィール

スタッフに任せて、
業績を上げる実践法をお伝えします

商店主専門ビジネスコーチ

岡本 文宏 / OKAMOTO FUMIHIRO

初めまして、商店主専門ビジネスコーチの岡本文宏です。私は、スタッフに“任せて”業績を“上げる”実践法を教える専門家です。

経営者、マネージャーとして14年間、商売の現場の最前線に身を置き、手に入れたリソースを活用し、小さな店・会社の経営者様、エリアチェーンのオーナー様、店長、マネージャー様など延べ250名以上に、現場ですぐに活用できる“小さな組織の人”に関する問題解決メソッド、スタッフを活用して業績アップを実現する『繁盛店づくり』のノウハウを提供しています。

また、講演活動(年間約100回)、専門雑誌への寄稿、連載執筆も積極的に行い、メディアへの登場は延べ150回を超えます。著書は、「仕事を任せるシンプルな方法」、「繁盛店のやる気の育て方」「店長のための採る、育てる技術」があり、海外でも翻訳、出版されています。

STORY / ストーリー

FC店オーナーとして独立後、
180日間、睡眠時間3時間で、休みなく働き続ける

勤務していたアパレル専門店チェーンでは入社7カ月で店長に就任し、担当店を1年で売上を1億円アップさせました。その後、業績No.1となり鼻高々の状態になっていた30歳のとき、自分の力を試そうと、セブンイレブンFC店オーナーとして独立しました。

当時、コンビニは流通業の花形業態であり、オープン直後から高収益を上げる店が続々とオープンしており、私の店も順風満帆でスタートするはずでした。しかし、当初の予想は大きく外れ、お客様どころか、従業員も全く集まらないという状況に陥りました。とにかく『人の問題』に悩まされ続けることになり、高く伸びた鼻は見事にへし折られてしまいました。

特に開業当初は180日間、睡眠時間3時間で、単独での深夜勤務も含め、1日も休みなく働き続け、それにより体重が10㎏、胴囲は2サイズダウン。「このままでは過労により命を落とすかもしれない…」という危機感を抱き、様々な店舗経営ノウハウを必死に学び、現場で試行錯誤を繰り返すようになりました。

従業員の在籍期間は、出店地区平均の4倍以上を実現し、
業績は右肩上がり

ただ、頭で理解はできるが、実践では上手くいかないということが続く中、自分が理想とする人材を揃えるためには、採用段階での人選の強化、さらには、ツールを活用したマネジメントの実施、仕事を任せる仕組みを構築することが必要であることに気づき、そこから独自のマネジメント手法を手に入れることに成功しました。

その結果、従業員の平均在籍期間で出店地区平均の4倍以上を実現。それに伴い業績も本部主催販売コンテストの常時上位入賞店になり、業績は右肩上がりとなりました。その後、FC本部との経営に対する考え方の違いを理由に契約を解消し、2005年にメンタルチャージISC研究所を設立しました。

現在は、かつての私のように、人の問題で悩みを抱えながら孤軍奮闘している経営者、現場マネージャーが、その状態からスピーディーに脱出し、ゴールに到達できるようにサポートすることをミッションに活動しています。