スタッフの定着率を一気に高めるマネジメントの極意「無料メール講座」

Information

2021.10.12

連載 link

「アイデム人と仕事研究所」様のWEBメディアで連載記事がアップされました。

2021.9.24

連載link

「月刊・コンビニ」で72回目の連載が掲載されました。

2021.9.10

セミナー link

10月28日(木)神戸/元町にて「SCE16th」セミナー開催!

PROFILE / プロフィール

商店主専門ビジネスコーチ

岡本 文宏 / OKAMOTO FUMIHIRO

初めまして、繁盛企業育成コーチの岡本文宏です。私は、スタッフに“任せて”業績を“上げる”実践法を教える専門家です。

経営者、マネージャーとして14年間、商売の現場の最前線に身を置き、手に入れたリソースを活用し、小さな店・会社の経営者様、エリアチェーンのオーナー様、店長、マネージャー様など延べ250名以上に、現場ですぐに活用できる“小さな組織の人”に関する問題解決メソッド、スタッフを活用して業績アップを実現する『繁盛店づくり』のノウハウを提供しています。

また、講演活動(年間約100回)、専門雑誌への寄稿、連載執筆も積極的に行い、雑誌への執筆は約300冊。著書は、「店長の一流、二流、三流」「リモート・マネジメントの極意」「人材マネジメント一問一答」「できる人材がすぐに辞めない職場のつくり方」「仕事をまかせるシンプルな方法」「繁盛店のやる気の育て方」などがあり、海外でも翻訳、出版されています。

SERVICE / サービス内容

TESTIMONIAL / お客様の声

BLOG / ブログ

  • 「アイデム人と仕事研究所」様のWEBメディアで、7回目の連載が掲載されました。 今回のテーマは「モチベーションを高める『評価』のあり方」です。 連載ページはこちらです。 https://apj.aidem.co.jp/column/1659/

  • 「月刊・コンビニ」で第72回目の連載が掲載されました。 今回のテーマは「勝手に判断し行動する暴走族タイプ」。 「自分で考えて動いてくれるスタッフが欲しい」 多くのオーナー、店長の願いでしょう。 自ら考え動く人に育てるには、任せること、そして、裁量権を与えることが不可欠です。 また、そうすることで、やりがいも生まれます。 ただ、スタッフの中には、任せられたことをいいことに、何でも勝手に判断して、やって欲しくない事や、やってはいけない事まで勝手に判断して行動するという、いわば「暴走族」タイプのスタッフもいます。 複数店舗を経営(運営)している場合は、現場をスタッフだけで運営しているケースが多いので、分からないことや、どうすれば良いのか迷ったときに、自分で考えて行動するしかありません。 複数店の経営をしていなくても、オーナー、店長が店にいない時間帯は、各店のスタッフは同じ状況です。 そういう中で、スタッフを暴走族タイプにしないためには、オーナーや店長が不在時でも、誰にも頼らずに、自ら考え、正しく行動できるスタッフを作ることが必要です。 では、どうすればよいのか? 具体策をご紹介しています。

  • 月刊ファッション販売10月号にて第14回目の連載が掲載されています。 テーマは「自己肯定感」と「やる気」。 本誌は、アパレル専門店の店長をやっていた時に毎月、勉強のために購入し、熟読していました。 その雑誌に1年以上に渡って連載を書かせて頂けていることは、ほんとにありがたいことです。 当時の私のような人、店長に役立つ原稿をこれからも執筆していきたいと思います。

  • この本の著者の笹井さんとは、もう10年を超えるお付き合いです。 出版されると数ヵ月前にお聞きして、それから読むのを楽しみにしていました。 笹井さんのこの数年の現場レポートの集大成ともいうべき、素晴らしい内容でした。 雑誌の編集長時代の笹井さんは、いつ会社に電話を掛けても、ほぼ留守… 捕まえるのに苦労しました(笑) 理由は、編集長自ら店舗の取材に出かけていたからです。 その数、4000店を超えると聞いています。 この本は、ネットに載っている情報や“又聞き”ではなく、すべて、その時の取材で手に入れた一時情報です。 ネットショップが台頭する中でも、人々が、わざわざ足を運ぶ店のことが、店主の思いと共に詳しく紹介されています。 なぜ、その店のお客は、スマホでもモノが買えるのに、時間を掛けて、労力を使ってまで、店に行き、その場所で買うのか? その理由が記されています。 それらを読むと、アフターコロナ(アフターワクチン)の時代に、どういう経営をすることが大切なのか? いま、行うべきことが分かります。 ただ、誤解のないようにお仕えしておきますと、この本には、「答え」は載っていません。 なぜなら、そこで得た答え(ノウハウ)を使っても、多くの場合上手くいかないからです。 現場の商人の考えていること、やっていることをヒントに、自分で考えるためのきっかけを作る本であると私は理解しています。 『売れる人がやっているたった四つの繁盛の法則』 著者 笹井清範  氏 https://amzn.to/3ggSH5t