Blog

今のビジネスがなかなか軌道に乗らず、もがいていた頃(15年ほど前)は「幸せ」について書かれた本をたくさん読みました。
それらは、どちらかと言えば、スピリチュアルな話や精神論的な内容のものが大半で、読んだ後、さて、どうすれば良いのか?と、なってしまうケースが多かったと記憶しています。
その後、最近まで、「幸福」についての書かれた本を読むことはありませんでした。

ありがたいことに「幸せ」だと感じることが多くあり、 “ノウハウ“を求める必要が無くなったからです。

先日、久々に「幸福」について書かれた本を読む機会がありました。

精神科医で脳科学の研究者である樺沢紫苑氏の著書「The Happiness」です。

本書によると、「幸せになるには3つの幸福物質を脳内で分泌させる必要がある」とのこと。

3つとは、セロトニン(健康の幸福)、オキシトニン(つながりの幸福)、ドーパミン(お金、成功、達成、名誉…による幸福)です。これらの物質で脳内が満たされている状態が「幸せな状態」であると紹介されていました。

とても明瞭な定義です。

コロナ禍において、テレワークが進む中、自宅で誰にも会わずに一人で仕事をしているという人が増えています。

そういう人は「孤独」を感じており、人とつながることで幸せを感じるオキシトニン的な幸福とは程遠い状況にあります。

それでも、例えば散歩や軽い運動などをして体を動かし、セロトニンの分泌量を増やすことができれば、セロトニン的幸福を感じることができてよいのですが、どうしても、パソコンでする仕事が中心になるので、部屋にこもりきりで運動不足になりがちです。
先日、セミナーに参加された方(週に4日テレワーク中)から、「週に1度、会社に出社するのが楽しみで仕方がない」と言う話を聴きましたが、これは、まさしく、オキシトニン的な幸せを感じているのだと思います。
本書「精神科医が見つけた 3つの幸福 最新科学から最高の人生をつくる方法~The Happiness」では、3つの幸福の意味、それぞれを手に入れる方法が具体的に紹介されています。精神論的な書籍とは一線を期します。

幸せになる方法と言うよりも、自分が幸福な状態であるための環境づくりについて説かれている本です。

テレワークで孤独を感じている人、コロナ禍で少しでも不安な気持ちを抱いている方には、一読して頂きたい本です。

「まん延防止等重点措置の実施区域」に東京、京都、沖縄が追加で指定されたことで、さらにそういう方が増えるかと思いますので、このタイミングでご紹介させて頂きました。

精神科医が見つけた 3つの幸福 最新科学から最高の人生をつくる方法

スタッフの定着率を一気に上げるマネジメントの極意
7日間無料メール講座

人材の定着率を上げたい…でも、採用しても、3日、3週間、3カ月ほどで辞めてしまう。どうすれば、やる気が持続し、長く勤めてもらえるのか?

もし、あなたが、採用した人材にできるだけ長く務めてもらいたい。そして、売上作りに貢献する優秀な人材を現場に揃えたい。

そう心から願うのであれば、人材の定着率が高い店舗で行われている未公開の秘策についてご紹介しているこのメール講座の受講をお勧めします。

無料メール講座の登録はとても簡単。以下のボタンをクリックして、メールマガジンの登録を進めてください。

そうすると、すぐに1つ目のメールがあなたのメールアドレスに届けられます。

ぜひ、このメール講座をあなたのビジネスにお役立てください。

無料メール講座の詳細を見る

The following two tabs change content below.
岡本 文宏

岡本 文宏

岡本文宏。スタッフに“任せて”業績を“上げる”実践法を教える専門家。経営者、マネージャーとして14年間、商売の現場の最前線に身を置き、手に入れたリソースを活用し、小さな店・会社の経営者様、エリアチェーンのオーナー様、店長、マネージャー様など延べ250名以上に、現場ですぐに活用できる“小さな組織の人”に関する問題解決メソッド、スタッフを活用して業績アップを実現する『繁盛企業づくり』のノウハウを提供している。著書は「店長の一流、二流、三流」「リモート・マネジメントの極意」「仕事を任せるシンプルな方法」など多数、海外でも翻訳、出版されている。

Post a Comment