Blog

「月刊・コンビニ」で第72回目の連載が掲載されました。

「月刊・コンビニ」で第72回目の連載が掲載されました。

今回のテーマは「勝手に判断し行動する暴走族タイプ」

「自分で考えて動いてくれるスタッフが欲しい」 多くのオーナー、店長の願いでしょう。

自ら考え動く人に育てるには、任せること、そして、裁量権を与えることが不可欠です。

また、そうすることで、やりがいも生まれます。

ただ、スタッフの中には、任せられたことをいいことに、何でも勝手に判断して、やって欲しくない事や、やってはいけない事まで勝手に判断して行動するという、いわば「暴走族」タイプのスタッフもいます。

複数店舗を経営(運営)している場合は、現場をスタッフだけで運営しているケースが多いので、分からないことや、どうすれば良いのか迷ったときに、自分で考えて行動するしかありません。

複数店の経営をしていなくても、オーナー、店長が店にいない時間帯は、各店のスタッフは同じ状況です。

そういう中で、スタッフを暴走族タイプにしないためには、オーナーや店長が不在時でも、誰にも頼らずに、自ら考え、正しく行動できるスタッフを作ることが必要です。

では、どうすればよいのか?

具体策をご紹介しています。

スタッフの定着率を一気に上げるマネジメントの極意
7日間無料メール講座

人材の定着率を上げたい…でも、採用しても、3日、3週間、3カ月ほどで辞めてしまう。どうすれば、やる気が持続し、長く勤めてもらえるのか?

もし、あなたが、採用した人材にできるだけ長く務めてもらいたい。そして、売上作りに貢献する優秀な人材を現場に揃えたい。

そう心から願うのであれば、人材の定着率が高い店舗で行われている未公開の秘策についてご紹介しているこのメール講座の受講をお勧めします。

無料メール講座の登録はとても簡単。以下のボタンをクリックして、メールマガジンの登録を進めてください。

そうすると、すぐに1つ目のメールがあなたのメールアドレスに届けられます。

ぜひ、このメール講座をあなたのビジネスにお役立てください。

無料メール講座の詳細を見る

The following two tabs change content below.
岡本 文宏

岡本 文宏

岡本文宏。スタッフに“任せて”業績を“上げる”実践法を教える専門家。経営者、マネージャーとして14年間、商売の現場の最前線に身を置き、手に入れたリソースを活用し、小さな店・会社の経営者様、エリアチェーンのオーナー様、店長、マネージャー様など延べ250名以上に、現場ですぐに活用できる“小さな組織の人”に関する問題解決メソッド、スタッフを活用して業績アップを実現する『繁盛企業づくり』のノウハウを提供している。著書は「店長の一流、二流、三流」「リモート・マネジメントの極意」「仕事を任せるシンプルな方法」など多数、海外でも翻訳、出版されている。

Post a Comment